ADHD(注意欠如多動性障害)の子どもに対する接し方

ADHD(注意欠如多動性障害)の子どもに対しては、感情的に接しないのが基本になります。これは気持ちをこめないと言うわけではなく、子どもにわかりやすく情報を整理する必要があるためです。ADHDの子どもは一度に処理できる情報量が少ないため、接する大人が気を配ることが大切になります。

ADHDの子どもに対する怒り方が重要

特に重要なのが怒り方です。ADHDの子どもは自分がなぜ怒られたのかわからないケースが多いため、なぜ怒っているのかをしっかり説明する必要があります。あまり話が長くなると理解できない可能性があるため、事前に勉強を行い、どのような言葉に注意すべきか学ぶ必要があります。

子ども目線で考えることも大切です。子どもが理解できる内容に噛み砕いてまとめる必要があり、成長に応じて加減する必要もあります。ADHDの症状自体を否定し、強制しようとすると子どもが傷つくケースが多く、メリットがないことにも理解が必要です。

ADHDの子どもは同じ失敗を繰り返すことも多く、どうしてもイライラしてしまいがちです。しかし、それを否定しても症状が治るどころか、かえって悪化する可能性もあります。自信をなくして精神を病んでしまう子どもや、才能の芽が伸びなくなる子どももいるためなおさら注意が必要です。

起こりがちな子どもは意識的に褒めると効果的

ほめることは非常に重要で、行動を改善するきっかけになります。叱る、怒る、ほめるのバランスは重要で、子どもによって伸び方も異なってきます。大人も子どもの反応を見ながら学んでいくことが大切です。

接し方とあわせて考えたいのが環境です。ADHDの子どもは気が散りやすく、目に入るものが多くても混乱してしまう場合があります。気が散らないように物を片付けたり整理することは大切で、情報を与えすぎないように工夫する必要があります。

人が多いところや、物が多い場所は気が散りやすくなるため特に注意が必要です。突発的に行動することが多いため迷子になったり、事故の危険性を高める場合があります。迷子紐やハーネスを利用するなど、事前に危険を防止する工夫をしておくことが大切です。

小さなことからコツコツと達成していく

しつけをする際は、やることを増やしすぎないのが基本になります。例えば、おもちゃの片付けはADHDが苦手とする分野の一つです。頭の中で情報を整理する能力が弱いため、決められた場所に生理整頓して収めるのが難しいからです。

子どもに片づけを教える場合は、最初に散らかし過ぎないようにルールを作る、おもちゃをまとめて入れられる箱に入れさせるなど、段階をつけるのがおすすめです。ルールを一つ覚えたらしっかりとほめて、次のルールを覚えさせると効率がよいのです。子どもへの負担も少ないのが魅力です。

目標達成でご褒美をあげる & 他人と比較しない

ご褒美と結びつけるのも賢い方法です。目標を作り、達成をするごとにご褒美をもらえるようになれば、それだけ成長が早くなります。ただし、なかなかご褒美に興味を示さない子どももいるため、内容に工夫をこらしたり、一緒に考えるなど変化をつけるとよりコミュニケーションがとりやすくなります。

かんしゃくを起こしたり、暴力を振るう癖がある場合はその理由にも目を向ける必要があります。ADHDの子どもはストレスをためやすい傾向があり、親や周囲に理解されていないと感じると、より攻撃的になりがちだからです。特に幼いうちはそれ以外に表現を知らないことが多いため、まず子どもの気持ちを受け入れた上で一緒に解決方法を探ることが大切です。

他人と比べるのも厳禁です。ADHDだからといって知能の発達が遅いとは限らず、人一倍他人の感情に敏感な子もいます。他人と比べてしまうと自尊心が生まれ辛くなってしまったり、差別的な行動をとる原因にもなります。

コンプレックスを刺激するのではなく、長所を伸ばすのがADHDの子どもと接するポイントです。自分の性格との折り合いをつけることを学べば、自然と症状が落ち着くこともあるのです。

文科省「発達障害とは」(外部サイト)

文科省「特別支援教育ガイドライン」(外部サイト)

Top