ADHD(注意欠如多動性障害)の見分け方

ADHD(注意欠如多動性障害)と、性格的に落ち着きがない人では見分けがつかない場合があります。また、他の発達障害や季節性の気分障害などと混同されてしまう場合もあります。素人目には区別がつかないケースもあるため注意が必要です。

ADHAを疑ったら

ADHDは医療機関で診断してもらうのが基本で、素人が安易に判断すると症状の改善が見込めなくなる場合があります。特に子どもは教育や環境が大きな影響を与えるため、しっかりと根拠を見つけることが大切です。

ただし、ADHDの診断は受けられる医療機関が限られ、診断までにかかる時間が長引く場合もあります。事前に地域の相談窓口や、かかりつけの医師に相談することが大切になります。余計な回り道をしないためにも見分け方を覚え、的確に症状を伝えることが重要です。

ADHAかどうかはココをチェック!

子どものADHDは言葉を話し、歩けるようになってから見分けられるようになります。早い子どもでは2歳ごろから会話の不自然さや、夜泣きのひどさなどでわかる場合があります。一方で、小学校に就学してからわかるケースも多く、授業中座ったままでいられないなど特徴的な行動が出やすいのです。

特に注意したいのが、忘れ物の多さや遅刻の多さです。宿題を忘れてしまったり、重要な連絡やプリントを忘れてしまうこともあります。何度注意しても治らない場合はADHDを疑った方がよく、どこまで重要性を理解しているか確認する必要があります。

もし、重要な注意をしているときに気がそれてしまう場合は、ADHDの可能性が高まります。話の途中に別の話題をふってきたり、視線が合わなくなる場合は特に注意が必要です。真っ向から怒ると子どもが視線をそらすこともあるため、あくまで話をうながす形にもっていくのが理想です。

ADHDと似ている障害とは

ADHDと見分けがつき辛い障害もあります。代表的なのがASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)です。ASDは他人の感情を読みとる能力が低く、空気を読まずに行動するなど、何かとADHDと共通点が多いのです。

注意したいのはADHDとASDを併発することがある点です。また、医師によって診断の基準にするものが異なるため、どちらの症状が強いと言った分類になる場合もあります。ADHDとASDは脳のほぼ同じ分野で問題が起こっているため、専門家であっても見分けがつかないことがあるのです。

症状が似ていれば、対処法も似たものになります。薬による治療も共通点が多く、どちらに診断されてもあまり影響がない場合があります。無理に見極めようとするよりも医師に確認してもらい、対処法を探るのが基本です。

落ち着きがないだけかADHAかの判断

性格上の問題と見分けがつかない場合は、どの程度の期間苦しんでいるかをチェックするのがおすすめです。子どもの頃から振り返って、ケアレスミスの多さや忘れ物の多さを考えてみれば、ある程度判断がつけられる場合があります。5年、10年と言った長いスパンで治らない状態であれば、今後も治る可能性は低くなります。

同じADHDでも、症状の出方や重さは人によって変わります。軽度のADHDであれば、社会に出るまで気づかないケースも十分になります。薬の処方で症状が軽減されることもあるため、正式に診断を受けて治療を受けることが大切です。

女性ホルモンのバランスが原因のことも

女性の場合はPMS(月経前症候群)やホルモンバランス変化などで、より判別がつきにくくなることがあります。PMSでも集中力の欠如などの症状が発生し、周期的に繰り返す場合が多いからです。この場合はいつ悩んでいるかのチェックも重要で、悩む時期が生理前に集中している場合はADHDでない可能性が高まります。

婦人科で、ホルモンバランスをチェックしてもらう方法や、薬を処方してもらう方法もあります。冬の時期だけといった法則性がある場合は、季節性の気分障害を疑うのが基本です。心療内科や精神科に相談することで治療法が見つかる場合があります。

発達協会「AD/HDとは何か」(外部サイト)

文科省「小・中学校におけるLD(学習障害),ADHD(注意欠陥/多動性障害),高機能自閉症の児童生徒への教育支援体制の整備のためのガイドライン(試案) 」(外部サイト)

ADHD(注意欠如多動性障害)の年代別の特徴

ADHD(注意欠如多動性障害)は年代によって症状の出方に違いがあります。特に人生経験が少ない子供のうちは症状が出やすく、成長をするにしたがって自分を抑えたり、工夫する方法を学んでいく可能性があるからです。ただし、障害の重さによって違いが出るため、個人差があることに理解が必要です。

最初は気づかないことが多いADHD

ADHDだけでなく、発達障害があるかどうかはある程度成長しなければわからないケースがあります。ADHDの場合は2歳頃から小学校就学までに症状が現れる場合が多いのが特徴です。変わった子供、個性的な子供と思われるだけで見過ごされることもありえます。

0歳児からの乳幼児の期間は、寝つきが悪い、視線が合わない、頻繁に寝返りをうつなどの症状が出る場合があります。ただし、人によって成長の速度は異なるため、自然と落ち着く可能性もあります。どうしても不安が消えない場合は、病院や自動センターなどに相談するのがおすすめです。

ある程度成長し、自分の足で歩き、会話ができるようになると症状が顕著になることが多くなります。団体行動が取れない、じっとしていられない、かんしゃくを起こしやすいなど、問題行動を起こすケースが多いからです。社会に馴染むまである程度トラブルが起きることはありますが、頻繁すぎる場合は専門の医療機関で診断を受けるのが基本になります。

・ADHAの子どもは発達障害の可能性も

ポイントになるのは、ADHDの子供が他の知的障害などを同時に持っている場合があることです。言語能力や知能の発達の遅れなどが目立つケースも存在し、なかなか人の言うことが聞けない原因が発達障害だったということもあり得ます。教育やしつけの問題ではなく、障害が原因で問題行動が起きる場合があるのです。

小学校〜高校時代の特徴

小学校就学から、小学生までの年齢になると、はっきりとADHDと診断されるようになります。授業中に座っていられず教室を歩き回ってしまったり、他人と会話をしていても脈絡のない話を持ち出したり、話しかけても上の空など症状が目立ちやすくなります。思い通りに物事が進まないことからかんしゃくをおこしたり、暴力的になる子供が多いのも特徴です。

中学生から高校生にまで成長すると、他の人間と自分を欲比較するようになり、次第にADHDの症状が治まるケースもあります。代わりに他の発達障害や知的障害、学習障害などが顕著になる場合もあります。自分に劣等感を持ってしまい、家族にも言えずに悩みを抱える場合もあるため注意が必要です。

また、反抗期などが重なると必要な薬も飲まなくケースがあります。自立したいという気持ちが芽生えることや、ADHDの症状自体を否定したい気持ちになることがあるためです。症状や精神の変化に合わせた適切なケアが大切になります。

最近では大人のADHDも増えている

大人になってからADHDが判明する場合もあります。計画的に仕事ができない、予定が守れずよく遅刻をする、大切なことを忘れるなど、社会に馴染めない場合が多いからです。忘れ物やケアレスミスの多発などもADHDの典型的な症状の一つです。

また、複数の指示を受けると混乱しやすいのも特徴になっています。物事を平行して処理する能力が低いため、複数の物事を同時に言われると何かが抜け落ちる可能性が高くなるためです。代わりに一つの仕事に集中した場合は、高い能力を発揮する場合もあります。

人によっては、椅子に長時間座っていることも辛いなど、特定の仕事に対する適応する能力が低い場合もあります。しっかりと診断を受けて、薬を処方してもらい、症状を和らげることが大切です。ADHDの症状には薬で緩和できるものも存在するため、薬で補うことも大切です。

人によって症状や重さは異なります。正確な診断を受け、対処法を知ることがもっと大切になります。違和感や不安を医師に伝え、一緒に対策を考える必要があるのです。

関西ほっとサロン「ADHDについて」(外部サイト)

大人のためのADHDサイト」(外部サイト)

ADHD(注意欠如多動性障害)の子どもに対する接し方

ADHD(注意欠如多動性障害)の子どもに対しては、感情的に接しないのが基本になります。これは気持ちをこめないと言うわけではなく、子どもにわかりやすく情報を整理する必要があるためです。ADHDの子どもは一度に処理できる情報量が少ないため、接する大人が気を配ることが大切になります。

ADHDの子どもに対する怒り方が重要

特に重要なのが怒り方です。ADHDの子どもは自分がなぜ怒られたのかわからないケースが多いため、なぜ怒っているのかをしっかり説明する必要があります。あまり話が長くなると理解できない可能性があるため、事前に勉強を行い、どのような言葉に注意すべきか学ぶ必要があります。

子ども目線で考えることも大切です。子どもが理解できる内容に噛み砕いてまとめる必要があり、成長に応じて加減する必要もあります。ADHDの症状自体を否定し、強制しようとすると子どもが傷つくケースが多く、メリットがないことにも理解が必要です。

ADHDの子どもは同じ失敗を繰り返すことも多く、どうしてもイライラしてしまいがちです。しかし、それを否定しても症状が治るどころか、かえって悪化する可能性もあります。自信をなくして精神を病んでしまう子どもや、才能の芽が伸びなくなる子どももいるためなおさら注意が必要です。

起こりがちな子どもは意識的に褒めると効果的

ほめることは非常に重要で、行動を改善するきっかけになります。叱る、怒る、ほめるのバランスは重要で、子どもによって伸び方も異なってきます。大人も子どもの反応を見ながら学んでいくことが大切です。

接し方とあわせて考えたいのが環境です。ADHDの子どもは気が散りやすく、目に入るものが多くても混乱してしまう場合があります。気が散らないように物を片付けたり整理することは大切で、情報を与えすぎないように工夫する必要があります。

人が多いところや、物が多い場所は気が散りやすくなるため特に注意が必要です。突発的に行動することが多いため迷子になったり、事故の危険性を高める場合があります。迷子紐やハーネスを利用するなど、事前に危険を防止する工夫をしておくことが大切です。

小さなことからコツコツと達成していく

しつけをする際は、やることを増やしすぎないのが基本になります。例えば、おもちゃの片付けはADHDが苦手とする分野の一つです。頭の中で情報を整理する能力が弱いため、決められた場所に生理整頓して収めるのが難しいからです。

子どもに片づけを教える場合は、最初に散らかし過ぎないようにルールを作る、おもちゃをまとめて入れられる箱に入れさせるなど、段階をつけるのがおすすめです。ルールを一つ覚えたらしっかりとほめて、次のルールを覚えさせると効率がよいのです。子どもへの負担も少ないのが魅力です。

目標達成でご褒美をあげる & 他人と比較しない

ご褒美と結びつけるのも賢い方法です。目標を作り、達成をするごとにご褒美をもらえるようになれば、それだけ成長が早くなります。ただし、なかなかご褒美に興味を示さない子どももいるため、内容に工夫をこらしたり、一緒に考えるなど変化をつけるとよりコミュニケーションがとりやすくなります。

かんしゃくを起こしたり、暴力を振るう癖がある場合はその理由にも目を向ける必要があります。ADHDの子どもはストレスをためやすい傾向があり、親や周囲に理解されていないと感じると、より攻撃的になりがちだからです。特に幼いうちはそれ以外に表現を知らないことが多いため、まず子どもの気持ちを受け入れた上で一緒に解決方法を探ることが大切です。

他人と比べるのも厳禁です。ADHDだからといって知能の発達が遅いとは限らず、人一倍他人の感情に敏感な子もいます。他人と比べてしまうと自尊心が生まれ辛くなってしまったり、差別的な行動をとる原因にもなります。

コンプレックスを刺激するのではなく、長所を伸ばすのがADHDの子どもと接するポイントです。自分の性格との折り合いをつけることを学べば、自然と症状が落ち着くこともあるのです。

文科省「発達障害とは」(外部サイト)

文科省「特別支援教育ガイドライン」(外部サイト)

ADHD(注意欠如多動性障害)の原因と対策

ADHD(注意欠如多動性障害)の原因はまだ特定されておらず、様々な研究が行われています。遺伝的な障害なのか、環境が要因であるかも判別されていないのです。現在はどちらか、あるいは二つの要因が重なって発生するものと考えられていて、様々な議論が起こっています。

ADHDって何が原因なの?

注意したいのは、環境が要因と言っても、しつけなどが原因ではないと言うことです。脳の成長はしつけなどの教育以外の面が影響することが大きく、未解明の部分もあります。先天性の障害である可能性も含めて、教育だけで発生を防ぐことはできないからです。

ADHDが発生する原因は解明できていないものの、その仕組みについては研究が進んでいます。特に有力とされるのが脳の働きの偏りです。ADHDの人は通常の人に比べて前頭葉の働きに偏りが見られるケースが多くなっています。

前頭葉は物事の整理整頓や、判断を行うために重要な部分です。また、行動をコントロールする神経が存在します。ADHDの人は情報の整理や、衝動的な行動が多いことから、前頭葉に何かしらの問題が発生していると考えられています。

神経に情報を伝達する物質が十分に働いていないケースが多く、薬で補うことで症状が改善される場合があるのはわかっています。ただし、どうして働きが弱いのかが解明されておらず、根本的な治療ができないのです。そのため、薬や様々な習慣づけで対策を行うのが一般的になっています。

ADHDだと生活に支障が出る?

ポイントになるのが、ADHDであっても生活に支障がなければ問題は生じないことです。障害があるとなるとマイナスに考えがちですが、特性を考えて周囲が配慮を行い、本人が適性にあった生活をすれば軋轢は生じないからです。ADHDと同折り合いをつけ、ストレスを減らしていくかが大切になります。

子供の場合は、教育が重要になります。ADHDの症状をなくすのではなく、自分がどういう人間なのか、どうすれば欠点をカバーできるのかを知るかが大切だからです。自分に自信を持つことで行動が改善される場合もあるため、心理的に支えることが大切になります

ADHDのマイナス部分を治そうとすると、子供の自信育たず、親子や社会の溝が深くなることが多い点に注意が必要です。ADHD治療は環境調整と心理社会的支援が重要で、無用のストレスを避けるのが基本になります。詰め込みすぎると処理が追いつかなくなりがちなため、処理能力に合わせてできるところからはじめるのが基本です。

子どもがADHDだと分かった場合の対応

親の側も知識を身に付けることが大切になります。これはペアレント・トレーニングと呼ばれ、専門の医療機関や講習で学ぶことができます。書籍などで学ぶことも可能で、子供の個性を見極めながら調整することが大切です

子供の対人関係の能力を磨く、ソーシャルスキル・トレーニングも代表的な治療です。保育園や学校選びを、専門技術を持ったスタッフがいるかどうかで選ぶのも方法です。周囲の理解がないと症状が悪化する可能性があります。

思春期に入ると、自分がADHDであることにコンプレックスを持つことが多く、必要な治療を避けるケースがあります。突き放してしまうと人間関係がこじれやすいため、しっかりと向き合うことが大切です。信頼関係が構築できていないと、治療にも悪影響を与えます。

教育などで補えない分は、薬で補うのが一般的です。大人になってからADHDが判明した場合も薬で補うことで心理的な負担が減る場合があります。また、自分の性格や症状に合わせた仕事選びも重要になります。

ADHDと長く付き合っていくために

周囲の理解が必要なことは大人になっても変わらないポイントです。また適正に合わない仕事を無理に続けても精神のバランスを崩す可能性が出てきます。常に苦しみを抱えた状態であれば、カウンセリングを受けて精神の健康を取り戻すなど、あわせて対策が必要になる場合があります。

障害者手帳の発行や自立支援制度など、医療費や普段の生活費の負担を軽減してくれる制度も存在します。行政の支援を受けることも有効な対策になるのです。

日本薬理学雑誌「脳の発達障害ADHDはどこまでわかったか?」(外部サイト)

教育社会学研究「医療化現象としての「発達障害」」(外部サイト)

ADHD(注意欠如多動性障害)とは?

ADHDは、英語のAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略で集中力がない、じっとしていられない、衝動性が強いという3つの症状をあわせた発達障害を意味しています。日本語では注意欠如多動性障害とよばれ、注意力が散漫で、常に動いていなければ落ち着かないなどの症状があるのが特徴です。衝動的、感情的に行動してしまうケースも多く、大人が診断されることもあります。

ADHDは昔からあった?

以前は注意欠陥多動性障害と表現されていましたが、近年になって若干表現がやわらかくなった形です。それぞれの特徴から社会生活に困難を感じるケースが珍しくなく、生き辛さの原因となっている場合もあります。子供にありがちな特徴であるため見過ごされやすいのもポイントで、大人になってわかるケースもあるのです。

ADHDと一言で言っても、人によって症状の出方には違いがあります。必要なことに注意をむけ、持続させることが苦手な不注意優勢型や、じっとしていることができず、つい無駄な行動してしまう多動・衝動性優勢型、二つの混合型の3種が主な分類になります。一つの物事に集中しすぎて他のことが頭に入らなくなるなど、人によって症状の出方が大きく異なるのも特徴です。

ADHDは年齢によって症状の出方も異なります。子供のうちは体を動かすなど行動面に特徴が出やすく、大人になると注意力の散漫さなど精神面への影響が強くなるからです。成長や学習によって補える機能もあるため、自分の欠点をカバーして社会で成功するケースもあります。

落ち着きがないのは努力が足りないから?

注意したいのは、気持ちの問題や工夫で治せるものではないということです。ADHDは脳の構造や働きに原因があるため、本人の努力でカバーできるのはごく一部です。子供の時点で診断されたのであれば不足を補うための教育を行う、大人であれば症状を和らげる薬を服用するなど工夫が必要になります。

子供の頃に診断を受けても、大人になるにつれ症状が無くなっていく場合もあります。子供の脳は非常に柔軟で、学習性が高いからです。症状が重度の場合は薬を併用しつつ、注意力を養うなどの教育で補える部分があります。

大人になってからADHDと診断された場合は薬で補うのが一般的です。また、仕事をしている場合は周囲に理解してもらうことも重要になります。ADHDはケアレスミスが多い、他人からみて無駄な行動が多く見えるなどマイナス印象になりがちで、生活になじめない原因ともなるからです

ADHDが気になる場合の対策

生き辛さを感じる原因がADHDというケースも珍しくないため、気になる場合は一度専門の医療機関で診断を受けるのが基本になります。ADHDに似た別の発達障害なども存在するため、原因を特定する助けになります。自己判断では限界があるだけでなく、発達障害と認定されたかどうかで生活の内容が大きく変わる場合があるためです。

子供や家族がADHDである場合は、障害をしっかり理解する必要があります。理解が出来ないとどうしても相手の心を傷つけてしまったり、ストレスをかけてしまうことになります。ストレスが原因で心の病を患ってしまう場合もあるため注意が必要です。

ADHDをはじめ、発達障害を持つ人は様々な補助を受けられるのも覚えておきたいポイントです。障害者手帳を持つことにより、公共交通機関が割引価格で利用できるなど、日常生活の暮らしにくさを軽減することができます。自治体が独自の対策に取り組んでいるケースもあります。

障害者の雇用支援制度を活用

障害者の雇用支援制度を活用するのもオススメです。大人になって仕事の適正などが疑われる場合は、障害者雇用枠を利用するなど、ストレスや労働条件をみなすための工夫も可能だからです。がんばれる範囲が限られるからこそ、より良い環境を目指すのも方法になっています。

また、雇用する側や、一緒に働く人もADHDをはじめとした発達障害に理解を示す必要があります。障害者の差別は大きな問題となっており、是正が求められているからです。努力義務を守ることが、企業の信頼や働きやすい環境を守ることにもつながります。

厚労省「発達障害の理解のために」(外部サイト)

厚労省「発達障害の現状と支援法について」(外部サイト)

Top